無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
桑田 真澄
桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 )
大阪府八尾市生まれのプロ野球選手(現役期間1986年 - )。
右投右打。背番号は18。(巨人)身長: 174cm、体重:80kg。

野球に取り組む真摯な態度によって、彼を模範とするプロスポーツ選手も多い。高校球児の憧れの存在で、新人選手の目標とする選手に多くあげられる。現在ボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長も務めている。

高校時代から清原和博ともにクリーンナップを打ち、プロに入ってからも打撃には定評がある。打者として本塁打7本を記録しており、現役の投手では中日ドラゴンズの川上憲伸と並んで1位である(史上1位は金田正一の36本、ただし投手として出場した時のみ)。その為色々なエピソードが生まれている。

KKコンビ
前述のように高校時代の同級生である清原和博と併せて「KKコンビ」と呼ばれる。同級生の2人の選手が共に20年現役を続けたのは史上初である。
ドラフトでのトラブル以来、仲が悪くなってしまったといわれた清原和博との関係であるが、実際のところプロ入り後もしばしば連絡を取り合っており、険悪な関係ではない。ただしこの2人、高校時代から仲は悪くなかったがいつも2人でいるほど特別仲がよかった訳でもなかったらしい(高1の夏には甲子園の近くで2人でセミを捕っていたらしいから、それなりに仲は良かったのだろうが)。確かに実際問題、黙々と練習し、大の嫌煙家である桑田と、みんなでワイワイやるのが好きで、ヘビースモーカーである清原が2人で遊びに行くというのは考えにくい。結局のところ、二人とも「あいつより先に辞めたくない」という意思が強く、「良きライバル」と表現するのが無難と言える。

守備のうまさにも定評があり、幾度となくゴールデングラブ賞を獲得している。その守備はバントの名手川相昌弘をもってして「バントが一番決めにくい投手」と言わしめた。

獲得タイトル・記録
最優秀選手:1回
1994年
沢村賞:1回
1987年
最優秀防御率:2回
1987年、2002年
最多奪三振:1回
1994年
ベストナイン:1回
1987年
ゴールデングラブ賞:8回
1987年、1988年、1991年、1993年、1994年、1997年、1998年、2002年
align="center">

桑田 真澄
桑田 真澄 借金
巨人 桑田 真澄
桑田 真澄 軌跡
桑田 真澄 甲子園
桑田 真澄 wikipedia
桑田 真澄 ウィキペディア
桑田 真澄 結婚
桑田 真澄 wiki
桑田 真澄 ブログ
桑田 真澄 画像
桑田 真澄 早稲田
桑田 真澄 引退
桑田 真澄 pl
桑田 真澄 成績
高校 野球 桑田 真澄
桑田 真澄 写真
桑田 真澄 pl 学園
桑田 真澄 通算 成績
桑田 真澄 2006
桑田 真澄 息子
桑田 真澄 掲示板
桑田 真澄 妻
桑田 真澄 球 種
桑田 真澄 奥さん
ウィキペディア 桑田 真澄
桑田 真澄 ホームページ
タッチ 桑田 真澄
桑田 真澄 2006 年 8月 6 日 早稲田
桑田 真澄 生涯
桑田 真澄 精神的
桑田 真澄 高校 野球
さらば 桑田 真澄 さらば プロ 野球
桑田 真澄 手術 前
桑田 真澄 身長
桑田 真澄 動画
桑田 真澄 球速
桑田 真澄 早稲田 大学
pl 学園 桑田 真澄
さらば 桑田 真澄
桑田 真澄 プロフィール
桑田 真澄 ボロボロ
桑田 真澄 伝説
桑田 真澄 年度 別 成績
桑田 真澄 投球 フォーム
桑田 真澄 血液型
桑田 真澄 1990 年
桑田 真澄 カーブ 投げ 方
桑田 真澄 危険
桑田 真澄 注目
wiki 桑田 真澄
桑田 真澄 フライデー
桑田 真澄 年俸
桑田 真澄 後援会
桑田 真澄 甲子園 成績
桑田 真澄 肘 手術
桑田 真澄 グッズ
桑田 真澄 ルーキー
桑田 真澄 投手
桑田 真澄 高校 時代
甲野 善紀 桑田 真澄
巨人 軍 桑田 真澄
桑田 真澄 youtube
桑田 真澄 グローブ
桑田 真澄 家族
桑田 真澄 帯広
桑田 真澄 闘い
桑田 真澄 hp
桑田 真澄 フォーム
桑田 真澄 堂々
桑田 真澄 少年 野球
桑田 真澄 pl 時代
桑田 真澄 パワプロ
桑田 真澄 傷
桑田 真澄 悪
桑田 真澄 打撃 成績
桑田 真澄 最高 速球
桑田 真澄 清原 和博
桑田 真澄 生涯 成績
桑田 真澄 記録
桑田 真澄 ウィキ
桑田 真澄 危うい
桑田 真澄 年 棒
桑田 真澄 情報
桑田 真澄 直筆 サイン
桑田 真澄 裏側
桑田 真澄 速報
youtube 桑田 真澄
桑田 真澄 ニュース
桑田 真澄 子供
真澄 桑田
wikipedia 桑田 真澄
桑田 真澄 不動産
桑田 真澄 勝利 数
桑田 真澄 在日
桑田 真澄 壁紙
桑田 真澄 巨人
桑田 真澄 早 大進 学
桑田 真澄 甲子園 本塁打
桑田 真澄 長男


・プロ入り前
PL学園高校出身。高校野球で活躍し、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれる。高校野球激戦区の大阪府から甲子園に出場可能な5回(1年生時の春の甲子園は入学前なので5回となる)全てで出場。そのうち4度決勝に進出し優勝2回(1年夏と3年夏)。1983年、1年生で背番号「11」ながら夏の甲子園に同校の事実上のエースとして出場。水野雄仁を擁して3大会連続甲子園優勝を目指した「やまびこ打線」の池田高校(徳島)を準決勝で7対0と破り、決勝では横浜商業を3対0と下して優勝を飾り、学制改革以降最年少優勝投手の記録を立てた。1984年の2年生での春夏の甲子園はいずれも接戦で敗れ準優勝。1984年、3年生のときは春はベスト4、夏は決勝戦で帝京高校を下し優勝。甲子園での通算勝利数は歴代2位で学制改革以後は1位。打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位(6本)である。5回の大会のなかで桑田・清原のいたPL学園を完璧に抑えたのは、高校3年春の甲子園準決勝で対戦した渡辺智男(後に西武ライオンズ→福岡ダイエーホークス)のいる伊野商業だけだった。

1985年のドラフト1位で巨人に入団。このとき、桑田は早稲田大学進学を希望し他球団が指名を敬遠していたことから、巨人との密約が囁かれる。


・プロ入り後
1986年5月25日の中日ドラゴンズ戦でプロ初先発。同年6月5日の阪神タイガース戦で初勝利を初完投で飾る。2年目の1987年に15勝6敗の成績を挙げ、2.17で最優秀防御率のタイトルに輝き、先発投手を賞する沢村賞に選ばれた。藤田元司独特の先発理論から斎藤雅樹、槙原寛己と共に3人の先発の軸として使われ「三本柱」と称された。この年より1992年まで6年連続2桁勝利。1990年には登板日漏洩疑惑が持ち上がったがこの疑惑は事実ではなく制裁はなかった。しかし疑惑の調査において桑田は金銭と高級腕時計の受領があったことを球団に虚偽報告し後に虚偽報告をしたことを申し出た。これがプロ野球選手の統一契約書第17条(模範行為)(外部リンク)に違反するとして球団から謹慎1ヶ月と罰金1000万円の処分を受けた。1994年はプロ野球史上初めて同率で並んだチームでの最終戦直接対決で優勝を決める試合となった10.8決戦で7回からリリーフ登板。3回を無失点に抑えて胴上げ投手となる。

1995年6月、対阪神タイガース戦において、湯舟敏郎選手の放った三塁線沿いの小フライ捕球の際に右肘側副靱帯断裂の重傷を負い、手術のため渡米。1995年残りシーズンと1996年を棒に振り、1997年にカムバックした。カムバック時のマウンドに跪き、プレートに右肘をつけたシーンは有名でこの後復帰した投手やシーズン初登板の投手が同じ姿勢を取る姿が見られる。復帰した同年は10勝、翌1998年には最多勝争いに加わる16勝を挙げたが、手術前のようなボールのキレは見られず、以後投手としての新たなスタイルを模索して精彩を欠く。この間、先発、中継ぎ、抑え、敗戦処理とジャイアンツでの起用方法も迷走を続けた。

2001年オフ、ともに巨人の一時代を築いた斎藤、槙原、村田真一が引退。自身も引退を決意する。しかし、長嶋茂雄に代わって巨人監督に就任した原辰徳から「来年も一緒にやろう」と声を掛けられ、現役を続行。すると2002年、独自の投球観を実践し復活。4年ぶりの二桁勝利(12勝6敗)、15年ぶりの最優秀防御率(2.22)のタイトル獲得でチーム日本一に貢献した。15年の期間を経ての主要同一タイトル獲得はプロ野球歴代1位の最長記録。特に同年4月19日の阪神タイガース戦(甲子園球場)で井川慶と演じた投手戦は、名勝負の一つと言えるだろう。試合は0-0のまま延長戦に入り、巨人が福井敬治のソロホームランで勝利した。しかし、2003年以降は再び精彩を欠くようになり、2005年は登板がなかった1996年を除いて初めてシーズン0勝に終わってしまう。このためシーズン中盤頃から引退が囁かれるようになったが、正念場の試合では先発として最低限の仕事を果たしたこと、若手の手本足りえる存在であることなどが考慮され2006年も現役続行が決まった。
| 局長 | スポーツ | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: